神前式の衣装

ここでは現在もっともポピュラーな和の花嫁衣裳と言える白無垢について。
白無垢とは、白い掛下に白い打掛を羽織り、帯や小物に至るまですべてを白一色で統一した装いのこと。和装の中では一番格上とされ、室町時代ごろに始まった最も古い婚礼衣装です。
髪は文金高島田に結い上げ、綿帽子と呼ばれる頭部の数倍の大きさの楕円状の帽子、または角隠し(長方形型の一枚の布を、前ひさしを覆うようにして付け、後ろにまわして髷のところでとめる。)で覆います。最近では挙式時は白無垢に綿帽子(わたぼうし)、披露宴時には色打掛に角隠しを用いることが多いようです。
胸元には懐刀(刀)と箱迫(はこせこ:鏡や櫛などを入れる入れ物)または懐紙入れを、手には金または銀の扇子を持つのが正式な装いです。これらの小物はすべて白。ぞうりも白い布製のものや、銀の布製のものを用います。
結婚式ではお馴染みの色である白は、純真さや清浄の象徴。清純無垢を表す「白」は「これからどんな色にも染まります」という花嫁の思いのあらわれ。結婚に対する決意が込められた装いなんですね。
もともと神に仕えるときの衣裳が白であったことから、結婚を神に報告する儀式である婚礼時でも用いれるようになったともいわれています。

神前式で人気の会場

千葉県で結婚式場をお探しならエルシオンで決まり♪
千葉で神社結婚式をお考えならエルシオンへ。地元に愛される由緒ある神社での結婚式叶います。神前式の後はエルシオンでの披露宴パーティーも可能です。是非一度エルシオンにご相談ください。

ハミルトンホテル上総で叶う美しい結婚式
千葉で結婚式場をお探しならハミルトン上総がおすすめ。日本伝統の和婚では、雅楽の調べと厳かな挙式に感動もひとしおに、おふたりと両家親族の新たなる絆が始まります。君津駅より徒歩3分の好立地も魅力。