神前式の歴史

神前式は神々にふたりの結婚を報告する日本古来の伝統的な挙式スタイルです。本人達を含む親族全てが「家と家」として結びつくという考え方にのっとり、三三九度の盃をかわし、玉串を捧げ結婚を誓います。しきたりを重んじる挙式スタイルですが、神前結婚式の歴史はそれほど古いものではありません。
結婚式場によって奉られている神は異なりますが、一般的なのは夫婦円満の神様、天照大神(あまてらすおおみのかみ)の親とされている国生み・神生み神話の「いざな岐(男〉いざな美(女)」が多いようです。
神前式のきっかけは明治33年の大正天皇の御成婚によるもので、翌年には皇室の婚儀を参考に日比谷大神宮(現在の大東京神宮)が創設され、その挙式スタイルが一般の人々に普及していきました。
神前式は有名な神社でもまた小さな神社でもほとんどの神社で行うことができ、宗派も関係ありません。本来は正式な神社や神殿で神官によって執り行われるものですが、今ではほとんどのホテルや結婚式場に神殿が併設されており、神社と同じように式を挙げることができます。また、ほとんどの式場では挙式と披露宴がセットになったプランが用意されています。
詳細は会場のブライダルフェアでプランナーにご相談ください。


結婚準備ならウェディングプリンセス|両親への挨拶から結納、結婚指輪、披露宴の情報

プリザーブドフラワーCUTE

亀戸天神社で和婚の挙式なら

アルカンシエルは表参道青山の結婚式場

千葉県で結婚式場をお探しならエルシオンで決まり♪

ウェディングプリンセス